判断基準は難しい

アルバイトをはじめると、多くの職場で研修というものを受けることになります。それは、まだ見習いであるということの証しであり、一人前のスタッフになるための準備期間です。
半人前のスタッフということになるので、通常のアルバイトの時給に比べて、多少金額が下がるというのが一般的となります。こうした一人前になるための準備期間中に、仕事を辞めてしまうスタッフが多くいるようです。もちろん、辞めるか続けるかというのはその人の自由であり、そのまま続けるということが必ずしもいいというわけではありません。新人スタッフにとって研修期間というのは、そのアルバイトを続けていくべきかどうかの判断期間になります。どのような仕事でもそうですが、労働環境というのはその職場で実際に働いてみなければわからないものです。長く続けてある程度の地位まで登ってしまうと、辞めるのも一苦労となります。そのため、その前の段階で早めに見切りをつけて思い切って辞めてしまうというのは、決して間違った判断ではありません。
といっても、考えなしにただ辞めてしまうというのは失策でしょう。研修中はお試し期間ではあるものの、長く続けてみなければわからないこともたくさんあります。どのように判断するのか、その基準を設けるのは難しいことです。そもそも、アルバイトといえど働くということはある程度大変であり、大変だから辞めてしまおうというのは少し早計といえます。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です